滑膜細胞

1.ご案内
培養3日後
滑膜細胞は、関節リウマチ、変形性関節症において異常増殖し、関節破壊に関与することが知られており、病態解明のための有用な研究試料です。当バンクは、関節リウマチ、変形性関節症由来滑膜から調製した研究用滑膜細胞を凍結状態で分譲しております。
2.分譲可能な滑膜細胞(凍結)
資源番号 提供者 細胞数/本 解凍直後の生存率(*1) 本数 疾患名(摘出関節部位)
HT47768187 女性(60才代) 5.9 x 105 >90% 17本 関節リウマチ(膝)
HT21116879 女性(70才代) 4.5 x 105 >90% 2本 関節リウマチ(足)
HT48104309 女性(70才代) 3.5 x 105 >90% 35本 関節リウマチ(股)
HT29274412 女性(70才代) 4.3 x 105 >90% 92本 関節リウマチ(手)
HT64754967 女性(70才代) 3.5 x 105 >90% 59本 関節リウマチ(手)
HT42791974 女性(70才代) 5.0 x 105 >90% 84本 関節リウマチ(膝)
HT51213801 女性(60才代) 6.5 x 105 >90% 79本 関節リウマチ(膝)
HT00856686 女性(70才代) 4.0 x 105 >90% 89本 関節リウマチ(膝)
HT32251238 女性(60才代) 6.5 x 105 >90% 73本 関節リウマチ(膝)
HT42487497 女性(60才代) 3.5 x 105 >90% 15本 関節リウマチ(膝)
HT61897949 女性(70才代) 5.0 x 105 >90% 78本 関節リウマチ(膝)
HT77755595 女性(50才代) 7.0 x 105 >90% 84本 SLE合併・関節リウマチ(膝)
HT00062050 女性(70才代) 8.0 x 105 >90% 80本 関節リウマチ(膝)
HT11104090 女性(70才代) 8.0 x 105 >90% 37本 関節リウマチ(膝)
HT07779727 女性(60才代) 9.0 x 105 >90% 43本 関節リウマチ(股)
HT13107115 女性(60才代) 9.0 x 105 >90% 85本 関節リウマチ(膝)
HT91989516 女性(60才代) 5.0 x 105 >90% 27本 変形性関節症(膝)
HT26167661 女性(70才代) 7.0 x 105 >90% 87本 変形性関節症(膝)
HT65558941 女性(80才代) 5.0 x 105 >90% 33本 変形性関節症(膝)
HT50184366 女性(80才代) 4.5 x 105 >90% 37本 変形性関節症(膝)
HT40754596 男性(70才代) 5.0 x 105 >90% 61本 変形性関節症(膝)
HT75505908 女性(70才代) 4.5 x 105 >90% 38本 変形性関節症(膝)
HT49735448 男性(60才代) 4.5 x 105 >90% 41本 変形性関節症(膝)
HT01698377 女性(70才代) 7.0 x 105 >90% 53本 変形性関節症(膝)
HT88847856 女性(70才代) 5.5 x 105 >90% 33本 変形性関節症(膝)

(*1)バイアルを微温湯で解凍した直後にトリパンブルー染色し、計数した細胞数から求めた数値です。解凍翌日の生存率・接着率はこの数値より低下いたします。

分譲お申し込み方法につきましては、ヒト組織バンクご利用の手引きをごらん下さい。

3.由来組織

  • 日本人
  • 整形外科手術で摘出された滑膜組織
  • 梅毒、HCV、HBV、HIV検査結果は陰性
  • 遺伝子解析研究への利用は可能


4.細胞の調製
滑膜組織

細胞分離処理(コラゲナーゼ消化、細胞分散)

ろ過(250μm)

遠心分離

フラスコへの細胞播種、サブコンフルエントまで培養

0.25% トリプシン / 0.02% EDTAで継代、培養

セルバンカーに懸濁

プログラミングフリーザーにて緩慢凍結

液体窒素タンクに保管


5.細胞の性状検査
  • 使用機材
    • 培養培地:Dulbecco's modified Eagle medium(gibco, Code No. 11885-084)+ 10% FBS
    • ELISAキット:Hyaluronic Acid ELISA Assay (Biotech Trading Partners, Cat No. BTP-96200)
    • ELISAキット:Quantikine Human MMP-3 (Total) (R&D Systems, Cat No. DMP300)
    • ELISAキット:Quantikine Human IL-6 (R&D Systems, Cat No. D6050)
    • StepOnePlus Real-Time PCR System (Applied Biosystems)
    • TaqMan Array 96-Well FAST Plate, Human Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis (Applied Biosystems, No. 4418947)
    • TaqMan Gene Expression Assay (Applied Biosystems, COL2A1; No. Hs00264051_m1, ACAN; No. Hs00153936_m1, SOX9; No. Hs00165814_m1, GAPDH; No. 4326317E)
    • TaqMan FAST Universal PCR Master Mix (Applied Biosystems, No. 4366072)
    • Alcian blue solution (Millipore, Cat No. 1.01647.0500)
  • 解凍直後の全細胞数、生細胞数: トリパンブルー色素排除法
  • 増殖確認(図1)
  • ヒアルロン酸の分泌を確認
  • TNF-α添加によるMMP-3およびIL-6産生促進を確認(図2,関節リウマチ由来滑膜細胞)
  • TNF-α添加時の炎症関連遺伝子( IL, MMP, TLRなど )の発現増加を確認
  • 間葉系幹細胞としての分化能を確認(図3)
  • 微生物汚染検査(細菌・真菌・マイコプラズマ): 陰性を確認

【図1】解凍後の細胞増殖

培養1日後
培養1日後

培養3日後
培養3日後

【図2】TNF-α添加によるMMP-3およびIL-6産生への効果の確認例

MMP3グラフ IL-6グラフ

(*)産生量はロットにより差がございますが、対照群と比較して数倍以上の差があることを確認しています。

【図3】滑膜細胞の脂肪細胞/骨芽細胞/軟骨への分化確認例
1.脂肪細胞への分化確認例
脂肪細胞分化誘導前
分化誘導前

脂肪細胞分化誘導後
分化誘導後

oil red O染色像
Oil red O染色像

2.骨芽細胞への分化確認例
コントロール
アルカリフォスファターゼ活性染色像(コントロール)

アルカリフォスファターゼ活性染色像
アルカリフォスファターゼ活性染色像(分化誘導した培養)

アリザリンレッド染色像
アリザリンレッド染色像

3.軟骨への分化確認例(変形性関節症由来滑膜細胞)
アルシアンブルー染色像
アルシアンブルー染色像

軟骨細胞マーカー発現
軟骨細胞マーカーであるアグリカン、コラーゲンTypeⅡ、SOX9の遺伝子発現(RT-PCR法、対GAPDH比)

関節リウマチ由来滑膜細胞のTNF-α反応性に関する性状確認方法・結果の詳細につきましては、 誌上報告を行っております。
([JSTAGE] )。

Kasamatsu, A., Satoh, M., Yoshida, T. and Kosaka, T.
Response of human fibroblast-like synoviocytes derived from rheumatoid arthritis to inflammatory stimulation: quality control findings.
Tissue Cult. Res. Commun. 29: 167-172 (2010)

大西-笠松 礼、小阪 拓男、佐藤 元信、山田-内尾 こずえ、吉田 東歩、小原 有弘
変形性関節症および関節リウマチ患者由来ヒト滑膜細胞の軟骨分化能
Tissue Cult. Res. Commun. 36: 1-11 (2017)