正常骨組織由来細胞

1.ご案内
骨組織由来細胞細胞 本細胞は正常骨組織より分離、調製された細胞であり、形態及び細胞マーカーの発現状態により、線維芽細胞様の性状を示します。 分化誘導により骨芽細胞へと分化することを、細胞染色・分化マーカーの遺伝子発現により確認しており、 骨芽細胞への分化、骨の形成、代謝研究等にご利用可能です。

2.分譲可能な骨組織由来細胞(凍結)
資源番号 提供者 細胞数/本 解凍直後の生存率(*1) 本数
HT73641231-O 男性(幼児) 1.6 x 106 >90% 17本
HT82507322-O 女性(幼児) 7.3 x 105 >90% 18本
HT47250950-O 女性(幼児) 1.2 x 106 >90% 20本
HT5139-O 男性(幼児) 9.9 x 105 >90% 20本
HT8348-O 男性(幼児) 6.7 x 105 >90% 10本

(*1)バイアルを微温湯で解凍した直後にトリパンブルー染色し、計数した細胞数から求めた数値です。 解凍翌日の生存率・接着率はこの数値より低下いたします。
現在のロットの推奨培地は、DMEM(Gibco) + 10%FBS + 50μg/mLアスコルビン酸リン酸エステル(Wako)です。

3.由来組織
  • 日本人
  • 多指症形成外科手術で摘出された余剰組織由来骨組織
  • HCV、梅毒の検査結果は陰性
  • 遺伝子解析研究への利用は不可
4.細胞の調製
骨組織

トリミング

プレートへの骨組織播種、組織から細胞が現れ、
サブコンフルエントになるまで培養

0.25% トリプシン / 0.02% EDTAで継代、培養

セルバンカー 1に懸濁

プログラミングフリーザーにて緩慢凍結

液体窒素タンクに保管

5.細胞の性状検査
  • 使用機材
    • 培養培地:DMEM(GIBCO, Code No.11885-084) + 10%FBS + 50µg/mLアスコルビン酸リン酸エステル(Wako Code No.:013-19641)
    • 培養器質:付着細胞培養用プラスチックディッシュ/フラスコ/ マルチウェルプレート、type I collagenコート6wellプレート(住友ベークライト株式会社 Code No.:MS-0006K)、 またはtype I collagenコートチャンバースライド(IWAKI Code No.: 4722-010; 免疫染色時)
    • StepOnePlus Real-Time PCR System (Applied Biosystems)
    • TapMan Fast Advanced PCR Master Mix (Applied Biosystems, No.4444556)
    • TapMan Gene Expression Assay (Applied Biosystems, RUNX2;No.Hs0000000_m1 , Collagen Type 1;Hs164099_m1 , SPARC;No.Hs000000_m1 , ALPL;No.Hs000000_m1)
  • 解凍直後の全細胞数、生細胞数: トリパンブルー色素排除法
  • 継代後の増殖確認(図1)
  • 染色法による骨芽分化誘導の確認(図2)
  • 遺伝子解析による骨芽分化誘導の確認(図3)
  • 蛍光免疫染色法による細胞マーカー検査:◆Vimentin + , ◆CD90 + , ◆SPARC +
  • 微生物汚染検査(細菌・真菌・マイコプラズマ): 陰性を確認
【図1】継代後の細胞増殖
培養1日後
培養3日後

【図2】骨芽分化誘導 染色例
アリザリンレッド染色
ALP染色

【図3】骨芽分化誘導 遺伝子解析例
RUNX2
Col1A2
SPARC
ALPL