ご利用の手引き

1.分譲依頼方法

  • 遺伝子分譲依頼書・同意書(様式B)[PDF][WORD] に必要事項を記入、自筆署名し、遺伝子クローン事業にFAXまたは郵送でお申込み下さい。
    1枚の依頼書で5種類まで依頼出来ます。

    なお、当バンクが分譲する遺伝子組換え体は、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に規定される「遺伝子組換え生物等」に該当します。これらの使用等については、同法に基づく第二種使用等に従い拡散防止措置が必要です。
    書類送付先:
    〒567-0085
    大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
    国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 培養資源研究室内 遺伝子クローン事業
    FAX  :072-641-9859
    E-mail :jcrb-rb@nibiohn.go.jp

2.発送方法・発送日について

  • 原則として組換え体として agar-stab の状態で、またファージ組換え体は溶菌液の状態でそれぞれ宅配便にて発送します。

  • 受付・発送は、原則として、木曜日迄に受付けた分を翌週火曜日に発送(出荷)します。なお、祝祭日等により受付締め切り、発送日程が変わる場合があります。 到着は配送に遅れがない場合、翌日です。 ただし、遠隔地(北海道、青森県、秋田県、沖縄県、長崎県の一部地域、鹿児島県の一部地域)では翌々日です。
    受付確認後、折り返し在庫の有無及び発送予定日をFAXにてご連絡致します。連絡の無い場合はお問い合わせ下さい。

3.分譲手数料

4.支払い方法

  • 請求書・見積書・納品書の3点を送付しますので、指定銀行口座にお振込み下さい。なお、振込手数料はご負担下さい。また、現金等でのご送金は受付けられませんのでご注意下さい。
    特別の様式の請求書、納品書、領収書を必要とされる場合は、申込みの際に必ず当該書類を添えてお申込み下さい。

5.追跡調査について

  • バンクとしての機能をよりよいものにするため、当バンクでは追跡調査を行っております。 ご面倒をおかけ致しますが、増殖することを確認されましたら、直ちに同封しました追跡調査書にご記入の上返送下さるようお願い致します。 また、何か異常があった場合は至急FAXまたは E-mail でお知らせ下さい。

    連絡先: 〒567-0085
    大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
    国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 培養資源研究室内 遺伝子クローン事業
    FAX  :072-641-9859
    E-mail :jcrb-rb@nibiohn.go.jp
    なお、分譲された遺伝子クローンの品質(特に増殖性)についてのクレーム等は発送日以降3ヶ月以内に限り受け付けます。

6.品質管理について

  • 本カタログに記載された遺伝子材料については、クローンDNA調製後数種の制限酵素断片について ゲル電気泳動法により遺伝子の同定を行っております。必要に応じて部分的塩基配列決定を行い、確認を行っています。

  • なお、HDGクローンの性状に関する情報は、Mammalian Gene Collection(MGC)クローンの情報(http://genecollections.nci.nih.gov/MGC/) に基づいております。情報の詳細は本サイトをご覧ください。

7.論文発表についてのお願い

  • 遺伝子クローン事業より分譲されたクローンを用いて得られた研究成果は、今後当該遺伝子を利用される研究者への新たな情報源となります。 そのため研究成果を報告された場合は別刷1部を当バンクまでご送付下さい。また研究論文を発表される場合は、 材料と方法の項に用いた遺伝子の登録番号・クローン名と共に当バンクより入手した旨を記載して頂くようお願い致します。

8.遺伝子の寄託について

   遺伝子の寄託をご希望の方は下記にお問い合わせ下さい
  • 問合せ先:
    〒567-0085
    大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
    国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 培養資源研究室内 遺伝子クローン事業
    FAX  :072-641-9859
    E-mail :jcrb-rb@nibiohn.go.jp